生活習慣を見直そう

ミドル臭(ミドル脂臭)とは、マンダムが最近突き止めた、30〜40代といった中年男性特有の体臭のことを指します。

これは一般的な加齢臭とは発生プロセスおよび、臭いの原因となるものが全く異なることがわかっています。

一般的に加齢臭はノネナールと呼ばれる成分が原因とされており、個人差はありますが50代以降になると耳の後ろ辺りから発生するようになります。これは皮脂成分にパルミトオレイン酸など、若い頃と違う皮脂分泌が増え、また活性酸素が増えることによる過酸化脂質の増加で発生してしまうものとされています。

しかし、このミドル臭は耳の後ろ辺りから発生するものではなく、また原因物質もノネナールとは異なるものとなっています。ミドル臭は頭部から強い脂のような臭いが発生していることが指摘されており、その臭いの原因成分はジアセチルという成分であることが最近の研究で特定されました。

このジアセチルは30〜40代で増加していく分泌物であることもわかっており、このことが体臭の変化・臭いの強さと大きく関係していることが決定づけられました。

ただ、このミドル臭は、加齢臭とは異なり、基本的に日々の生活習慣を見直すことで改善することが可能であると言われています。まずは毎日しっかり入浴し、洗髪の際はシャンプーを2回するなどの対策が効果的で、その際、頭頂部から後頭部、さらには首の後までを丁寧に洗うことが大切だとしています。

また、体内からのアプローチも効果的とされ、ジアセチルの分泌を抑制するためフラボノイドを多く含む食品や果物を食べたり、またはフラボノイド配合の植物エキスを塗布したりすることが良いとされています。

パクチーエナジーゴールドのトップへ