禁煙や飲酒を控えることが大切

加齢臭は年齢とともに体から分泌される皮脂や酸化抑制能力などが変化していくことで発生する体臭の1つです。

その原因とされているのがノネナールという物質で、40歳後半あたりから一気に増え始めるのが特徴です。このノネナールは脂肪酸(パルミトオレイン酸など)と過酸化脂質が結合することで発生します。なぜこのような物質が生成されるのかというと、体の酸化が大きな原因とされています。

活性酸素によって体は酸化し、日々のストレスや疲労等によって蓄積されていきます。若いうちはこれを除去する能力が高いため、加齢臭のもとになる成分は生成されませんが、年齢とともに除去する能力は衰え、過酸化脂質が増えてしまうことになります。

また皮脂の成分も年齢とともに変化し、それによって加齢臭は発生してしまうというわけです。
しかしこの酸化を防ぐことができれば、加齢臭を防ぐことも可能であると考えられています。

まず大切なのは活性酸素を増やさないよう健全な健康習慣を見つけることです。

そのためには過度な飲酒は避け喫煙などはやめるようにすることと、適度な運動を行いつつ日本的な食生活を取り入れることが大切です。また同時に体の酸化を早めてしまう重金属を排出できるパクチーエナジーゴールドなどのデトックスサプリメント取り入れると有効です。

運動はストレス発散にも効果的なので、普段歩かない方などは軽く散歩程度から始めるようにするとよいでしょう。

パクチーエナジーゴールドのトップへ