体内外の改善が必要

そもそもなぜ体臭は存在するのか疑問に思うかもしれません。
しかし、これは自然な体のメカニズムによって発生することがわかっています。

そのメカニズムは、体内から分泌された皮脂や汗・垢などが、皮膚表面に生息する雑菌によって酸化・分解が行われます。その時、分解臭・酸化臭が発生し、それが体臭の原因となるわけです。

またHLA遺伝子と呼ばれる遺伝子が人の体臭と大きく関係していると言われています。これはホルモンとも密接に関係しており、人によって体臭の症状が強くなるケースがあるようです。

いづれにしても臭いの原因物質となるものは、皮膚から分泌されます。

人の皮膚には2つの汗腺があり、ここから臭いの原因となるものが分泌されます。
これらの汗腺の数は遺伝の傾向が強く、個人差があり、これが体臭の強弱に影響するようです。

とくに、体臭の中でも強い臭いを発生させるアポクリン汗腺と呼ばれる部分があります。
この汗腺から分泌される汗は、ワキガの原因となるもので、体内環境の影響を大きく受ける傾向があり、疲れなど体調が悪い時に不快な臭いを発生させます。

人によっては、このアポクリン汗腺がない方もいるようです。

一方、エクリン汗腺と呼ばれる汗腺もありますが、こちらは発汗直後は無臭なのですが、汚れがついたり、菌が繁殖したりすると臭いが発生します。

このことから臭い対策をするには、体の外側と内側の両方の対策が非常に有効です。

外側の対策としては、専用のシャンプーや石鹸で皮膚葉面を清潔な状態に保っておくことが対策となります。また、汗が出た時には、できるだけ素早くタオルなどで拭き取るなど、できるだけ雑菌の繁殖を防ぐことが大切です。

一方の内側の対策としては、食事が体臭に与える影響は大きく、特に動物性脂肪を普段から多く摂っていると、体臭が強くなる傾向があります。なので、対策としては食改善が有効とされ、臭いを吸収してくれる食物繊維を多く摂取すると、体臭を弱めてくれると言われています。また食物繊維は体臭対策の他にも善玉菌の増加に必要であったり、不要なものを体外に排出する役割を持っています。

これらの対策と共に、消臭サプリメントのようなものを摂取すると非常に有効です。

パクチーエナジーゴールドのトップへ







するので、体を洗うなど清潔にすることが一番重要となります。